DSC_9741
DSC_9752

黒枝豆

丹波篠山『黒枝豆』を食べた事はありますか?普通の枝豆と比較すると粒が大きく、何より甘みがあり味もすごく濃いです。一昔は、見た目が黒っぽく『腐ってるんじゃないの?』と、よく言われたみたいで、地元の方や一部の方しか知らない食べ物だったそうでした。これが全国的に広まったきっかけが、漫画『美味しんぼ』で紹介された事でした

今では『黒枝豆』は秋の篠山の名物となっています。

篠山市では例年10月5日頃からの解禁となっています。しかし、阪本屋では10月中旬に発送しております。それは何故かといいますと、解禁日近くの枝豆はまだ味が乗っていなく、若い感じの味がする事が多いんからです。篠山の人が『うまいっ!』と言って食べるのも、10月中旬頃からです。なので阪本屋ではお客様に期間限定ではありますが、一番おいしい時期に食べていただきたい!!!と思い限定の販売となっております。
ちなみに、好きな人は『11月になってからの食感がゴリゴリのやつが一番うまいっ!』と言われる方もいます。(笑)
そんな黒枝豆の予約受付開始のお知らせは、このホームページにて掲載させて頂きますのでお楽しみに♪

山の芋

丹波篠山の『山の芋』は別名『霧いも(きりいも)』とも呼ばれ、天恵の気候、風土から生まれた逸品です。丹波篠山産『山の芋』の特徴は『粘りがある』『アクが少ない』『風味が良い』この3点が挙げられ、種芋として他産地に出されるほど上等(良い物)なのです。例えば但馬の子牛が外で飼育されて和牛として神戸牛・松坂牛として売りに出されるのと一緒で、『山の芋』のルーツは篠山にあって、同じ種芋から作っても味に違いがあります。やはり霧深い篠山の気候と土質が山の芋にぴったりなのですね。
そして肉質が蜜であり、高級和菓子に良く使われるほか、豊富な栄養素に富み、体力・精力増進に役立つ健康食品です。
子供の頃から『精がつくさかい、山の芋のとろろ食べときや~!』とよく言われたものです。

山の芋