DSC_1555

玄米・黒米・五穀米

健康志向の人に注目されている玄米や五穀米。おしゃれなカフェなどでも目にすることが多くなっていますね。最近では白米と混ぜて食べる方も多く、よく注文を頂いております。

玄米などの食感や味が苦手と言う方もたくさんおられますが、昔に比べ炊飯器の技術も上がっており、しっかりお米を炊く下準備さえ覚えるだけで簡単に、『これなら全然食べれるし、美味しいやん!!!』という満足感と健康をお届け致します。

玄米(減農薬、無農薬)

日本人が太古から主食として食べ続けて来た玄米です。
丹波篠山のベテラン農家さんや阪本屋の従業員によって栽培された安全な玄米を使用しています。
白米に比べ、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでおり、人間が健康を保つために必要とされる栄養素をほとんど摂取できるため、「完全栄養食」と言われています!!!
近年は健康志向の方も増え、玄米を主食としていらっしゃる方も増えています。
玄米を食べると、便秘改善、アンチエイジング、がん予防…など健康に良いことがたくさん!
そんな玄米ですが、ちょっと抵抗が…という方にオススメしたいのは白米と玄米を好みの割合で混ぜて炊く方法です。
阪本屋次男夫婦は白米、玄米を2:1で食べていましたがいつの間にか味や食感も気にならなくなり、現在では白米、玄米を1:1で食べております。

※玄米を炊く際は必ず3時間以上は浸水しておく事をオススメします!阪本家では寝る前にお米を浸水させておいて、朝に炊けるようにセットをしています。

DSC_15502
DSC_15501

黒米

黒米の色素によって赤紫色に染まることから、赤飯の厚型といわれています。 お米に混ぜて炊いて下さい。タイ米系の紫黒米と違って、阪本屋の黒米はもち米系統ですので、もちもちとしておいしいとお客様に好評を頂いております。プチッとした食感もクセになります。
黒米は女性を中心に密かに人気を集めています。というのも黒米には、脂肪の燃焼をはじめ美肌や美髪にしてくれる効果や、視力を回復などの効果まであるようですね♪
分量は白米や玄米1合につき黒米を大さじ1入れるだけ。1時間程度水に浸しておいて下さい。
炊き上がったら軽く混ぜ合わせ15分程度蒸らせば、出来上がりです。もちろん黒米だけでも炊いて食べられます。その際は2時間程度水に浸して下さい。

五穀米

素材は篠山で栽培されている穀物、また篠山で栽培されていないものは国産を使用しているので、ご安心下さいませ。近年の五穀米は必ず5種とは限らなくなっており、阪本屋の五穀米は7種類入っております。食感は白米とそれほど変わらず、風味も7種の豊かな香りがあり食べやすくなっております。玄米が苦手な方は五穀米から健康な食生活を始めてみてはいかがでしょうか?
分量は白米1合につき、10g~20gが目安ですが、お好みに合わせて調整して下さい。玄米も入っているのでこちらも3時間以上は浸水させる事をオススメします!

・玄米、黒米、もち米 ・・・ 丹波篠山産

・麦、ひえ、あわ、きび ・・・ 国内産

DSC_15503

玄米の効能と五穀の効能の比較

玄米

・体内の解毒作用

・便秘解消

・美肌効果

玄米は『完全栄養食』と言われるほど、バランスよく栄養を含んでいます。

五穀米

・腸内環境を整える

・胃腸の働きを高める

・脂質の代謝を改善する

・美肌効果